TELNETのaccess制限( RedHat 9 )            戻る

telnet は xinetd より起動され,access制限は下記の  /etc/xinetd.d/telnet に only_from, no_access を設定すれば可能でした。  の前後 はスペ−スを入れないと駄目なようです,目的によって olnly_from か no_access のどちらか使いわければ良いようです

only_from で指定した ホスト,ネットワ−クからの接続は許可,それ以外は拒否
no_access で指定した ホスト,ネットワ−クからの接続は拒否,それ以外は許可


/etc/xinetd.d/telnet ------------------------------------------------------------- # default: on # description: The telnet server serves telnet sessions; it uses \ # unencrypted username/password pairs for authentication. service telnet { disable = no flags = REUSE socket_type = stream wait = no user = root server = /usr/sbin/in.telnetd log_on_failure += USERID    only_from = 192.168.1.10 或いは 192.168.1.0/24 などホスト,ネットワ−クが指定可能

   no_access = 192.168.1.10 192.168.1.12 複数のホストの指定はスペ−スで区切れば良い
} -------------------------------------------------------------