SAMBAの設定(3.0  FC3)(Windowsから利用する場合)                戻る

ファイルの共有化のために、workgroup を設定し、ユ−ザ− を smbpasswdに追加しないと、うまく、ファイルが読めないようです. windowsの設定はコントロ−パネル→システム→ネットワ−クID→プロパティでネットワ−クグル−プをチェックしており,sambaユ−ザ−はwindows,Linuxに共通のユ−ザ−を登録してあります

下記の設定ファイルを、テキストエデイタ− を使用して変更しました.

smb.conf(FC3)  /etc/samba/smb.conf
[global]  太文字の部分は設定の必要あり
パラメ−タ
規定値
変更後
workgroup =
MYGROUP
SUZUKI ..Windows と同じに設定
server string =
Samba Server

dos charset =
unix charset =
display charset =

CP850
UTF-8
LOCALE
smb.conf には未記載
シフトJISが使用可能とするため追記 unix charset = UTF8 --- sambaサーバ側の文字コードを指定 dos charset = cp932  --- Windows側の文字コードを指定 display charset = UTF8 --- SWATで表示される文字コードを指定 FC2の3.0.3-5では都,鉄など文字化けしないで読めました
FC5ではdefaultで(testparm -v で確認) dos charset = CP850 unix charset = UTF-8 display charset = LOCALE と設定されておりますが,修正しなくてもシフトJISが文字化けしないで使用できます?
security =
user
security = user    明記する必要なさそう
domain,server,share,ads など設定可能
;enscript passwords =
yes
enscript passwords = yes    明記する必要なさそう
password level =
なし
enscript passwords = no の時に参照
smb passwd file =
/etc/samba/smbpasswd
security =userの時に使用?
username level =
なし

log level=
0

log file=
/var/log/samba/%m.log
log level=の数値が大きくなるに従い,詳しくなる
socket options =
TCP_NODELAY SO_RCVBUF=8192 SO_SNDBUF=8192
サ−バ-のネットワ−クのカスタマイズ
;hosts allow =
なし
アクセスの許可
local master =
yes
Sambaサ−バ−はブラウザ選定に参加,LMB(Local Master Browser)になるかは別 
os level =
20
数値が大きい程,LMBになる可能性が高い
lm annaounce =
Auto
Auto,Yes,No が設定可能
Auto:他のコンピュ−タのブロ−ドキャストを受信すると,ブロ−ドキャストを送信するようになる
lm interval =
60
lm annaounceの設定で,60秒毎にブロ−ドキャストを送信
create mask =
0744
新規のファイルに対し
force create mode =
00
create maskとOR演算
security mask =
0777

force security mode =
00

directory mask =
0755
マッピングしたアクセス許可とAND演算
force directory mode =
00
directory maskとOR演算
directory security mask =
0777

force directory security mode =
00



[homes]
変更前 変更後

;[public]
; path = /usr/somewhere/else/public
; public = yes
; only guest = yes
; writable = yes
; printable = no

[work]  Windows側に表示されるフオルダ−名
path = /home/work 共通化したいデイレクトリ−名を設定
public = yes ... guest 利用可
;only guest = yes
writable = yes
printable = no
 ; を削除、同じ様に、デイレクトリ名を定義すれば、共有化したい デイレクトリ− を増やせました.
既存の記述を利用しました.

セクションで利用可能な指示子の抜粋 コメント
browseable = no | yes ウインドウのネットワ−ク コンピュ−タに対し表示の有無
creat mask = 0744(既定値) fileのパ−ミッションの設定
directory mask = 0755(既定値) dirのパ−ミッションの設定
invalid users = ASUZUKI サ−ビスを利用できないユ−ザ-
only guest = yes | no yes ならゲストのみが利用可能
read list = ASUZUKI 読み出しのみ許可
read only = no | yes no なら writable=yes と同じ
valid users = ASUZUKI サ−ビスを利用できるユ−ザ−
write list = ASUZUKI 書き込み可能なユ−ザ−
client code page = 850(既定値) 利用するClientがMS-DOSなどShift-JISの時は 932
coding system =(既定値 未設定)  SJIS  S-JIS <-> S-JIS
HEX  S-JIS <-> :90などに変換
EUC  S-JIS <-> EUCに変換
Windowsからは未設定でも問題ないのですが,WinからUpされたdir,fileを
linuxから読むには HEX,EUCに設定しなと駄目なようです


smb.conf で共有化をした Directory のパ−ミッションを # chmode 0777 /home/work などに変更しないと、書き込みなど出来ないようです.


system-config-sambaの使用(FC3)

起動は下記の1,2のどちらからでも行えます
1: gnome−terminalから#system-config-samba
2: アプリ→システム設定→サ−バ−設定→samba

左図はsystem-config-sambaを起動した状態です
このツ−ルを利用すると,sambaユ−ザ−などの管理が容易に行えます

リモ−トから管理するのでなければ,swatなどより判りがよいと思います


SAMBAの接続状態など下記のコマンドで確認出来ます
smbstatus
smbstatusの使用例
smbstatus -b 下記のような簡単な情報を表示 -------------------------------------------------- Samba version 3.0.10-1.fc3 PID UserName Group Machine IP 5199 asuzuki asuzuki barton (192.168.0.103) -------------------------------------------------- smbstatus -L ロックファイルを表示
nmblookup
nmblookupの使用例
nmblookup -M -- - マスタブラウザの検索 --------------------------------------------- queying _MSBROWSE_ on 192.168.0.255 192.168.0.20 _MSBROWSE_<01> --------------------------------------------- nmblookup suzuki#00 ----#00,1b,1c,1d,1e --------------------------------------------- queying suzuki on 192.168.0.255 192.168.0.103 suzuki<1e> 192.168.0.20 suzuki<1e> --------------------------------------------- nmblookup -a barton 指定したマシンのNetBIOS名を表示 --------------------------------------------- queying barton on 192.168.0.103 192.168.0.103 barton<00> --------------------------------------------- nmblookup -A 192.168.0.103 指定したIPのNetBIOS名を表示 --------------------------------------------- Looking up status of 192.168.0.103 BARTON <00>- B<active>]\ . . ---------------------------------------------
testparm 

smb.confで設定した内容が表示され,間違へなどもチェック出来るようです

testparm -v smb.confの設定を全て表示
findsmb
サブネットに存在するSMBサ−バの一覧表示