A10-5700 での自作  2013.4.27            戻る


CPU A10-5700
CORE 4、クロック 3.4GHz(Turbo Core時 4GHz) TDP 65W 内蔵GPU 7660D

マザ−ボ−ド FM2A75M-ITX
VGA D-SUB、HDMI LAN RTL8111E USB3.0 後 2(前 2) USB2.0 後 4(前 2)
メモリ− スロット 2、 メモリ− DDR3 2600+、 Bios UEFI Legal(GUI)

C:ドライブにSSD 120G、D:ドライブにHDD 500G、電源は400Wを使用、PCケースは以前から使用しているマイクロ タワ−を流用。
組み立てはスム−ズに出来、電源SWを入れるとBIOSも立ち上がりました。Windows 7をインスト−ルし、ASRock A75M-ITXで苦労した デバイス ドライバーも今回は簡単にインスト−ル出来ました。
左図はASRock extereme Tunerを起動した画面です。CPU クロックは 1400-3700GMHの間を示しCool&Quitが働いている ようでした。
CPUのスペックを見るとTurbo Coreが働くとクロックは4GHzまで上がるようなのですが私の場合3.7GMHzまででした。 BIOSでOCを止めると3.4GHzのようです。
SSD、HDDスピ−ドをHD Tune2.10(DG−Defrag)で調べて見ました。SSDが圧倒的に早いようです。

メモリ−はW3U1600HQ−2G(2枚一組)を買ったのですが、DDR3-1866、1600と規格の違うものが2枚入っておりました。

メモリ−が早く、Win7のエクスペリエンス インデックスのメモリ−の値も良いと思うのですが、DDR3-1333より大分低くでました。
CINEBENCH R10はA4−3400よりさすが良いものでした。